メディア掲載

アスリートエージェントさんの取材記事がアップされました!(2017年9月15日)


弊社代表の菊池教泰が、
アスリート人材専門の「アスリートエージェント」さんから
先日受けた取材記事がアップされました!

アスリート体育会の為のキャリアマガジン
ATHLETE LIVE(アスリートライブ)
記事はこちら → https://athlete-live.com/interview/category/consumer-services/kikuchi_noriyasu/

アスリートエージェントさんから取材を受けました!(2017年8月18日)


弊社代表の菊池教泰が、
「アスリートからビジネスアスリートへ」をミッションとする、
アスリート人材専門の「アスリートエージェント」さんから、取材を受けました!

アスリートエージェント
http://a-cial.com/lp/

著書の電子書籍化について、認知科学に基づくコーチングの師匠である「認知科学者 苫米地英人 博士」のブログに取り上げて頂きました!(2017年8月7日)

ドクター苫米地ブログ − Dr. Hideto Tomabechi Official Weblog : 菊池教泰 PX2国際普及推進部長の書籍が電子書籍化 『超一流アスリートのマインドを身につけて あなたのゴールを達成する!』https://goo.gl/1DNp5r – ライブドアブログ

苫米地先生、ありがとうございました!

WEBサイトにてコラム「いつ何時だって最高だ!」連載を始めました!~The Challenger 挑む者たち!~(2017年7月31日)

このサイト「The Challenger 挑む者たち」は、目標達成に向けて頑張る人のためのサイトです。

お昼のテレビ番組「バイキング」の月曜コメンテーターを務められている佐藤大和 弁護士からご紹介頂きました。

弊社代表の菊池教泰はチャレンジャーではなく、コラムニストという立場で、チャレンジャーのみなさんと読者のみなさんに有益となるようなコラムを連載して参ります。

1週間に1度程度の更新予定ですが、コラムニストは現在、菊池教泰と、佐藤大和 弁護士、芸人のヒロシさんのみのよう。

コラムでのプロフィールはこちら → http://challenge-r.jp/profile_columnist/118

■概要
「The Challenger 挑む者たち」は、チャレンジャーたち(挑む者たち)が自ら定めた目標をその期限と共に公言し、期間内目標達成に向けて全力で活動に取り組み、その姿を多くの方々に知っていただき、その姿を応援する世界一熱いメディアサイトです。

■サイト
http://challenge-r.jp/

■Twitter
https://twitter.com/challenge_r_jp

■Facebook
https://www.facebook.com/challenge.r.jp.2017

フォローなど、よろしくお願いいたします!

母校 中央大学 広報室 の Twitterに掲載(2017年7月4日)


弊社代表の菊池教泰の取材記事が、母校 中央大学 広報室のTwitterに掲載されました!

地域新聞(室蘭民報)に掲載されました!~出身柔道場に著書を寄贈~(2017年7月4日)


弊社代表の菊池教泰が、実家の北海道に帰省した際、出身柔道場に著書を寄贈したところ、地域新聞の室蘭民報さんに取材して頂き、紙面に掲載されました!

Webでの記事はこちら → http://www.hokkaido-nl.jp/detail.cgi?id=40572

オンリーストーリーさんから取材を受けました!(2017年3月31日)

「中小企業を元気にする!」というミッションの元、社長をインタビューして記事にするオンリーストーリーさんの取材を、弊社代表の菊池教泰が受けました!ご覧頂けたら幸いです。

記事はこちら → https://onlystory.co.jp/stories/804

「スポーツ笑顔の教室(夢先生)」実施。
「スポーツこころのプロジェクト」のホームページに掲載されました!(2016年11月21日)

2016年11月2日、茨城県 鹿嶋市立 豊津小学校5、6年1組で、弊社代表の菊池教泰が「スポーツ笑顔の教室(夢先生)」を実施させて頂きました!
~以下、菊池教泰より~
7名と少ない人数ですが、ゲームの時間からみなさん元気よく、私も楽しく夢先生を務めさせて頂きました。

子供たちとの時間は、かけがえのない最高の時間でした。
児童のみなさんの心に少しでも響いて、「自分自身の夢を描くこと」に繋げてもらえたら、嬉しい限りです。

また、夢先生で初めて花束を頂きました。
豪華な花束で、とても嬉しいです。
豊津小学校の児童のみなさん、先生のみなさん、お世話になりました!
感謝、感謝です。

※この「スポーツ笑顔の教室」は、「スポーツこころのプロジェクト」の一環として行われ、日本体育協会、日本オリンピック委員会、日本サッカー協会、日本トップリーグ連携機構の4団体が主催している事業です。
(参考:http://www.sports-kokoro.jp/pc/kyoshitsu_index.php
日本のスポーツ界が一丸となって、東日本大震災で津波や原発等、甚大な被害のあった地域の「すべての」子どもたちの、「こころの回復」を応援するためのプロジェクトとなっています。
アスリートたちが「夢先生」となって、小学校や中学校の教室を訪れ、次代を担う子どもたちに、夢を持つ大切さや、笑顔、元気、自身の力や可能性を育むメッセージを届けています。

「スポーツこころのプロジェクト ホームページ」今回の記事はこちら
→ http://www.sports-kokoro.jp/sm/kyoshitsu.php?id=2581

「スポーツこころのプロジェクト ホームページ」過去の記事一覧はこちら
→ http://www.sports-kokoro.jp/sm/yumesensei.php?id=436

「茨城県 鹿嶋市立 豊津小学校 ホームページ」の記事はこちら
→ http://www.sopia.or.jp/toyotu/wp/?p=11698

公開パネルディスカッションの内容がアップされました!(2016年9月26日)

2016年6月13日、弊社代表の菊池教泰が顧問を務める「NPO法人スポーツ業界おしごとラボ」さん主催で、代官山にて行われた公開パネルディスカッションの内容が、記事として公開されました。
菊池はパネラーとして参加しています。

テーマ:「仕掛け人に聞く、スポーツ産業で求められる人材像と自分自身の仕掛け方・考え方」

(パネラー)
●江口 智也さん
(株)ランドガレージ 取締役(スポンサーを集める側の仕掛け人)
● 小杉 卓正さん(スポンサー側の仕掛け人)
パナソニック(株)ブランドコミュニケーション本部 宣伝部 スポンサーシップイベント推進室 オリンピック・パラリンピック課 課長

記事はこちら
(前編)→ http://sgolab.or.jp/2016/09/26/crosstalk13-shikake01/
(後編)→ http://sgolab.or.jp/2016/09/27/crosstalk13-shikake02/

フィットネス雑誌「Tarzan」さんの企画で、格闘王 前田日明さんと対談。
内容がコラムとして2号分連載されました!(2016年5月26日)

弊社代表の菊池教泰が、Tarzanさんの企画で格闘王 前田 日明さんと対談し、 コラムとして2号分連載されました!
前田日明さんが行っている、不良更生のための格闘技イベント「THE OUTSIDER」を、認知科学に基づいたコーチングから紐解くといった内容です。ぜひご覧ください。


↑ Tarzan 695号 87ページ https://magazineworld.jp/tarzan/tarzan-695/
「前編」~「格闘技でなぜ人は更生できるのか?」


↑ Tarzan 696号 81ページ https://magazineworld.jp/tarzan/tarzan-696/
「後編」~「気づけば格闘技で人を救っていた」

ラジオに出演しました!シャレナイト名古屋(2016年5月13日)

弊社代表の菊池教泰が、「MID-FM シャレナイト名古屋」にゲスト出演しました!
※音楽は著作権の関係でカットしています。

「もしドラ」作者の岩崎夏海さんたちとの公開パネルディスカッションが、「ゆるすぽ」で記事になりました!(2016年3月20日)

2016年1月24日、弊社代表の菊池教泰が顧問を務める「NPO法人スポーツ業界おしごとラボ」さん主催で、代官山にて行われた公開パネルディスカッションが、ゆるすぽで記事になりました。

テーマ:「スポーツ業界で求められる人材像とイノベーションマインドの重要性」

(パネラー)
●岩崎 夏海さん
「もしドラ」作者
●秦 英之さん
レピュコムジャパン 代表取締役
●上田 顕さん
楽天野球団チーム戦略室室長

記事はこちら → http://www.yurusupo.com/_ct/17011065
※記事を見たら、私の話した箇所で、重複している部分がありました。申し訳ありません。

千葉テレビの番組にゲスト出演しました!「マスター☆コレクション」(2016年3月10日)

弊社代表の菊池教泰が、「マスター☆コレクション(千葉テレビ)」にゲスト出演させて頂きました!

フィットネス雑誌「Tarzan」さんでコラムを6号連載しました! ※各表紙の下にある「+ コラムを読む」を押すとコラムが読めます(2014年11月27日)

弊社代表の菊池教泰が、発行部数15万部以上のフィットネス雑誌「Tarzan」さんにて、「一流アスリートのマインド(脳と心)」を「認知科学に基づいたコーチング」の観点から解説するコラム「Mind Science」を6号連載しました!

「コラムを読む」で各コラムの内容が読めます!ぜひご覧ください。
※文章に関しては弊社代表の菊池教泰に著作権があり、時間の経過の関係で加筆修正しています。



↑①Tarzan 657 78P掲載
タイガー・ウッズ(ゴルフ)
「タイガー・ウッズはなぜその時怒ったのか?/エフィカシー」

コラムを読む


↑②Tarzan 658 78P掲載
マイケル・フェルプス(水泳)
「マイケル・フェルプスが金メダルより望んだもの/ゴール」

コラムを読む


↑③Tarzan 659 114P掲載
マイケル・フェルプス(水泳)

「その少年の輝かしい未来を誰も予想できなかった/過去は関係ない」

コラムを読む


↑④Tarzan 660 78P掲載
錦織 圭(テニス)

「錦織圭選手に見る言葉の重要性/セルフトーク」

コラムを読む


↑⑤Tarzan 661 80P掲載
村田 諒太(ボクシング)

「金メダリストの記憶を作る/未来の記憶」

コラムを読む


↑⑥Tarzan 662号 72P掲載
菊池 教泰(柔道、著書)

「苦い挫折から立ち直った私のマインドの履歴書/未来を創り出す」

コラムを読む
PAGE TOP