「こころの教育家」 菊池教泰

人の幸せを生む「こころの教育家」として邁進します

菊池教泰の想い

私にとっての喜び。

それは、関わったみなさまが、
「できないことができるようになった!」
「そうだったのか!」
「新しくこれを目指したい!」
に、気づいた瞬間。

そして、今この瞬間が最高に充実しているのだという思いを、
みなさまが心の底から発した瞬間。

この瞬間が菊池教泰にとって、最高の幸せであり、喜びです。

菊池教泰ヒストリー

6才から柔道を始める。
地方大会1回戦負けから、メンタルトレーニングを独学で取り入れ、学生団体日本一、国際大会優勝を果たす。

大学卒業後、五輪金メダリストを輩出しているJRA(日本中央競馬会)に就職し、柔道と仕事の両立にチャレンジするも挫折。そして、うつ病の薬を飲むに至る。

その後、会社を辞めたことでうつ病は回復したが、人事系の職種で会社を転々とし、自身の中で学生時代の輝きに負けてしまっている感覚は拭えなかった。

そんな時、認知科学者 苫米地英人 博士と出合い、「認知科学に基づくコーチング」を学ぶ。

このメソッドは、米国コーチング界創始者であり、全世界のビジネス・政治・スポーツ・芸術など分野を問わずトップリーダーを育ててきた、故ルー・タイス氏の経験をベースとしたプログラムであり、これを学んだことで「自身がなぜ日本一になれたのか」と、「なぜうつ病になったのか」を初めて理解した。

自身の成功と失敗の経験から、多くの人たちの可能性を切り拓きたいと想い、これを「こころの教育」として広げていくことに使命感を持つ。

現在は「全方位に渡るこころの教育」をミッションとして活動中。

全方位とは、「スポーツ選手・指導者、企業、教員、親、青少年、NPO等」を指すが、企業以外の「こころの教育」をCSR活動の一環として行い、そこで培った体験、ノウハウを日々アップデートしながら、ビジネスとして「企業向けの人材育成ソリューション」や「個人向けのパーソナルコーチング」を提供している。

通常の人材育成コンサルタントとは違い、企業だけではない3,000人以上のあらゆるみなさまと向き合ってきたことを強みとしている。


【菊池教泰プロフィール】

●1980年3月7日生
●北海道室蘭市生まれ、登別市育ち
●北海高校 卒 同柔道部主将 / 中央大学 法学部法律学科 卒 同柔道部主将
●講道館柔道 四段
●全日本学生柔道優勝大会 優勝、優秀選手
●デンマーク国際柔道大会 100kg超級 優勝
●千葉県 柏市柔道連盟 理事
●文部科学省委託事業 千葉県武道等指導充実・資質向上支援事業 外部指導者
●株式会社デクブリール 代表取締役
●Tomabechi Institute 認定 パフォーマンス・エンハンスメント・コーチ(タイスコーチ)
●NPO法人スポーツ業界おしごとラボ 顧問
http://sgolab.or.jp/advisor/
●一般財団法人BWFインターナショナル PX2国際普及推進部長
http://bwf.or.jp/
●公益財団法人日本サッカー協会「JFAこころのプロジェクト」夢先生
http://www.jfa.jp/social_action_programme/yumesen/pdf/kikuchi_noriyasu.pdf
●「東日本大震災復興支援 スポーツこころのプロジェクト」夢先生
http://www.sports-kokoro.jp/pc/yumesensei.php?id=436
●「バッジ」で互いを褒めあい、組織力を高める新時代のシステム「HoooP」監修
http://lp.hooop.me/lp/hooop/hooop7

【著書】

※詳細はメニューの「書籍」をご覧ください
●著書「超一流アスリートのマインドを身につけて あなたのゴールを達成する!」開拓社

【メディア】

※詳細はメニューの「メディア掲載」をご覧ください
●「 Tarzan 」コラム連載NO,657~662号(2014年9月11日発売号~2014年11月27日発売号)
「一流アスリートのマインド(脳と心)」を、「認知科学に基づいたコーチング」の観点から解説するコラム「Mind Science」を6号連載
●「 Tarzan 」コラム連載NO,695~696号(2016年5月26日発売号~2016年6月9日発売号)
元総合格闘家 リングスCEO 前田日明さんとの対談コラムを2号連載
「格闘技でなぜ人は更生できるのか?」「気づけば格闘技で人を救っていた。」
●「MID-FM シャレナイト名古屋」ラジオゲスト出演
●「マスター☆コレクション」千葉テレビゲスト出演

PAGE TOP