こころの教育家 菊池教泰

人の幸せを生む「こころの教育家」として邁進します

菊池教泰の想い

私にとっての喜び。

それは、関わったみなさまが、
「できないことができるようになった!」
「そうだったのか!」
「新しくこれを目指したい!」
に、気づいた瞬間。

そして、今この瞬間が最高に充実しているのだという思いを、
みなさまが心の底から発した瞬間。

この瞬間が菊池教泰にとって、最高の幸せであり、喜びです。

菊池教泰ヒストリー

幼い頃より始めた柔道において、中学時代は全国大会どころか、地方大会1回戦負けだったところ、メンタルトレーニングを独学で学び、心の力を養うことで、大学時代には大学柔道界の最高峰、全日本学生柔道優勝大会にて日本一を経験。その決勝では、勝てば日本一決定という場面にて一本勝ちし、古豪中央大学を悲願であった24年ぶりの全国制覇へと導いた。

大学卒業後は、柔道で五輪金メダリストを輩出している名門、JRA(日本中央競馬会)に就職し、柔道と仕事の両立を図るも挫折。

JRA時代に配属された人事の仕事の楽しさから、人事を極めようと思い、そのためにはまず給与計算ができなければならないと考え、書籍や通信教育を通じ、独学で社会保険や税金の仕組みを勉強。

他社の給与計算を行うアウトソーサーに就職し、柔道とは関係ない人生をスタートした。

その後、総務・人事労務の職種で上場企業を含む数社に転職。

しかし、人事の仕事は楽しいが、大学時代の柔道の輝きに負けてしまっている感じがする・・・

自分の人生、果たしてこのままでよいのかと模索していたところ、米国自己啓発界の世界的権威である、故ルー・タイス氏のメソッドに出会う。

大学時代、心の力の重要性を痛感した自らの体験もあり、科学的知見からの「こころの教育」が、今後の日本において重要な役割を果たすことを確信した。

老若男女問わず、「こころの教育」を広めたいとの想いから、その対象は広く、経営者・管理職・一般社員といった企業対象の教育、現役教師の教育、保護者の教育、スポーツ選手・指導者の教育、青少年の教育、就労困難者への教育を行っている。

そういった、あらゆる方々の教育を行ってきた自らの経験より生まれた、「こころの幸せ」を軸とした企業向けの人材育成ソリューション、「Prevail~プリヴェイル~」を展開中。

また、アメリカ発の学生・アスリート向け次世代教育プログラム「PX2(ピーエックスツー)」を教育現場に普及させるべく、一般財団法人BWFインターナショナルのPX2国際普及推進部長として、ボランティアにて普及活動を行っている。

その他、2012年4月より実施の中学校武道必修化に伴い、教育委員会の要請から、千葉県の中学校において、外部講師という立場で体育としての柔道授業を行う先生の顔も持っている。

最近では、日本サッカー協会の事業である「JFAこころのプロジェクト」にて、アスリートが全国の小中学校で夢を持つ大切さを説く「夢先生」を務める等、「こころの教育家」としてさらに活動の幅を広げている。


【菊池教泰プロフィール】

●1980年3月7日生
●北海道室蘭市生まれ、登別市育ち
●北海高校 卒 同柔道部主将 / 中央大学 法学部法律学科 卒 同柔道部主将
●講道館柔道 四段
●全日本学生柔道優勝大会 優勝、優秀選手
●デンマーク国際柔道大会 100kg超級 優勝
●千葉県 柏市柔道連盟 理事
●文部科学省委託事業 千葉県武道等指導充実・資質向上支援事業 外部指導者
●株式会社デクブリール 代表取締役
●Performance Enhancement Coaching by Dr.Tomabechi & Louis E. Tice™
●NPO法人スポーツ業界おしごとラボ 顧問
http://sgolab.or.jp/advisor/
●一般財団法人BWFインターナショナル PX2国際普及推進部長
http://bwf.or.jp/
●公益財団法人日本サッカー協会「JFAこころのプロジェクト」夢先生
http://www.jfa.jp/social_action_programme/yumesen/pdf/kikuchi_noriyasu.pdf
●「東日本大震災復興支援 スポーツこころのプロジェクト」夢先生
http://www.sports-kokoro.jp/pc/yumesensei.php?id=436
●「バッジ」で互いを褒めあい、組織力を高める新時代のシステム「HoooP」監修
http://lp.hooop.me/lp/hooop/hooop7

【著書】

※詳細はメニューの「書籍」をご覧ください
●著書「超一流アスリートのマインドを身につけて あなたのゴールを達成する!」開拓社

【メディア】

※詳細はメニューの「メディア掲載」をご覧ください
●「 Tarzan 」コラム連載NO,657~662号(2014年9月11日発売号~2014年11月27日発売号)
「一流アスリートのマインド(脳と心)」を、「認知科学に基づいたコーチング」の観点から解説するコラム「Mind Science」を6号連載
●「 Tarzan 」コラム連載NO,695~696号(2016年5月26日発売号~2016年6月9日発売号)
元総合格闘家 リングスCEO 前田日明さんとの対談コラムを2号連載
「格闘技でなぜ人は更生できるのか?」「気づけば格闘技で人を救っていた。」
●「MID-FM シャレナイト名古屋」ラジオゲスト出演
●「マスター☆コレクション」千葉テレビゲスト出演

PAGE TOP